株式会社クスコ
「快適な環境作り」が私たちの仕事です。
登録資格について
建築物環境衛生技術者とは、建築物の環境衛生の維持管理に関する監督等を行う国家資格である。
通称ビル管理技術者と呼ばれる。建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法)に基づいて、 面積3000u以上(学校については8000u以上)の特定建築物において選任業務がある。
また、資格の保有者は同法に基づく登録事業者の人的要件となることもできる。厚生労働大臣の指定を受けた
日本建築衛生管理教育センターが行う建築物環境衛生管理技術者登録講習会を受けた者、または、建築物環境
衛生管理技術者国家試験に合格した者に対し免状が交付される。
清掃作業監督者は、清掃作業監督者講習会を終了した者に与えられる国家資格。清掃業の監督を行う。
建築物清掃業の登録に必要。
ビルクリーニング技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項によ
る 指定試験機関(公共社団法人全国ビルメンテナンス協会)が実施するビルクリーニングに関する学科及び
実施試験に合格した者をいう。
ハウスクリーニング技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項に
よる指定試験機関(社団法人全国ハウスクリーニング協会)が実施するハウスクリーニングに関する学科及び
実技試験に合格した者をいう。
防火管理者は消防法に基づいて、防火に関する講習会の課程を修了した者等一定の資格を有し、かつ、
その防火対象物において防火上必要な業務を適切に遂行できる地位にある者で、防火対象物の管理権原者から
選任されて、その防火対象物の防火上の管理を行う者をいう。
病院清掃受託責任者は、社団法人全国ビルメンテナンス協会の病院清掃受託責任者講習会を修了した者。
有機溶剤作業主任者は、労働安全衛生法に定められた作業主任者(国家資格)のひとつであり、有機溶剤
作業主任者技能講習を修了した者の中から事業者により選任される。
また、主任者となるための技能講習を修了した者すなわち資格取得者のこと、あるいは資格そのものを指す
こともある。
衛生管理者とは、労働安全衛生法において定められている国家資格である。
労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする。
一定規模以上の事業地に着いては、衛生管理者免許等、資格を有する者からの選任が義務付けられている。
衛生管理者免許には、業務の範囲が広い順に、衛生工学衛生管理者、第一種衛生管理者、第二種衛生管理者の
3種類がある。
宅地建物取引主任者は、宅地建物取引業法に基づき制定された国家資格であり、宅地建物取引業者(一般にいう不動産会社)の相手方に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が設立するまでの間に、重要事項の説明等を行う不動産取引の専門家である。
高所作業に使用するゴンドラについて労働安全衛生法第59条(ゴンドラ安全規制第12条)により、事業主は
従業員にゴンドラを操作する業務に就かせる時は、安全の為の特別教育を実施する事を義務づけています。
お問合せ
ページ・ジャンプページ・トップ
株式会社クスコ